杉の香る木の家

コンセプト
依頼の決め手は?
見学会に参加し、杉の床がいいなと思いました。温もりがあり、柔らかくて足にも優しい。キズがついても少しの手間で元に戻り、年月とともに色合いが深まる点も気に入りました。
家づくりの感想は?
最初はなにもわからなかったのですが、時間をかけて話し合い、設計者から知恵をもらってつくっていきました。狭くても広く暮らす工夫やバリアフリーも考えてくれ、くつろげる家ができました。木の香りに癒されます。
性能
・兵庫県産木材仕様木造住宅(使用率60%以上)

竣工:2012年3月
場所:兵庫県
敷地面積:99.50㎡(30.0坪)
延床面積:94.59㎡(28.6坪)

リビング
杉の床が広がる爽やかなリビング。壁にはテレビ台を兼ねた木のローボードやマガジンラックを造り付け。省スペースで見た目も美しくなります
和室
押入の中も杉板張り。杉の木が湿気を吸収してくれるので布団はふんわり、気持ちよく収納できます
キッチンカウンター
洗面脱衣室
杉の無垢材で囲まれた洗面室。足元が冷えず、温もりがあります
玄関
収納は設計者が木を活かしてデザインし、造り付けたオリジナル
階段
階段にも杉材をたっぷり使い、熟練の大工が丁寧に施工。感触がよく、滑りにくくて安心です
個室
梁をあらわし開放的な空間に。大容量の杉板張り収納は湿気知らずでお使いいただけます
天井
ヒノキの木粉を吹き付けた天井と開閉できる明かり採りの窓
廊下
トイレ
外観
PAGE TOP