家族を見守る木の家

コンセプト
家族への想いをカタチにしたい。そんなお施主様のこだわりが随所に表れる木の家をつくりました。LDKより一段高い書斎は、仕事をしながらリビングが見渡せる『艦長室』。リビングに面した広いウッドデッキはお子様の遊び場やバーベキューなど楽しみが広がる場所に。玄関は来客用とは別に、家族のおでかけを快適にするシューズクロークを設けた二方向の出入口を設けました。

依頼先決め手は?
こどものために安心な家を建てたくて、地元の杉材を使う工務店を選びました。オープンハウスで自然素材を使った断熱材の実験を見学して、断熱性能の高さに納得したのも決め手になりました。
家づくりの要望・こだわりは?
女性設計士さんが気軽に相談に乗り、住み手の立場にたった提案をしてくれました。施工中は現場をしょっちゅう訪れ、大工さんと仲良くなって教えてもらったのも楽しかったですね。
性能
・兵庫県産木材仕様木造住宅(使用率60%以上)

竣工:2011年
場所:兵庫県
敷地面積:207.80㎡(62.8坪)
延床面積:119.61㎡(36.1坪)

リビング
兵庫県産の杉材を床や梁、階段などにふんだんに使用。壁厚を利用した収納も木で造作しました。風通しもいいから「夏もエアコンいらず」。自然素材のセルロースファイバーを使った断熱材のおかげで冬も暖かい。
書斎スペース
LDKより一段高い書斎は、「仕事をしながらリビングが見渡せる『艦長室』です」お施主様のこだわりのスペース。
キッチン
キッチンからLDK全体を見渡せる開放的な間取りに。
和室
寝室
洗面脱衣室・廊下
トイレ
ウッドデッキ
LDに面した広いウッドデッキ。お子さんの遊び場やバーベキューなどの楽しみが広がる
玄関
シューズクロークを通り抜けて入る家族用の出入り口を設け、来客用の玄関をスッキリ。
外観
日本の風土に合う軒の深いデザインを、2色の外壁でモダンに。
PAGE TOP