年末!新築スケジュールをたててみた

こんにちは!広報の佐藤です。
年の瀬が近づいてきましたね。みなさんは2020年やりたかったことは無事達成できたでしょうか?
本日は、家づくりスケジュールの逆算方法をお伝えします。いってみよー!

今年もあっという間に12月。今年は家づくりにまで手がまわらなかったなぁ~

来年の年末は新築で過ごしたいな
賃貸は、コロナ自粛期間がしんどかったし、冬は寒くて。今時の新築は家中暖かくて、換気システムも整っているって聞くし・・
もし来年引っ越すことができたら、きれいなお家で子供たちとクリスマスを祝って・・
あったかいお部屋でお正月・・!あ~すっっごくしあわせだろうな~♪♪

どうしたら叶うかな?
よーし、来年末の完成目指してがんばっちゃうぞ。えっと・・まず、なにしたらいいのかな?実際の家づくりってどれくらいの期間がかかるのかしら??
最近新築したAさんの話を聞いてみよう。

やりがち!延びに延びる家づくり
(Aさんの場合)
1月~ 土地探し。なかなか決まらない。もっといい土地あるはず!と複数の不動産屋をまわったり親戚に話を聞いたり。
4月  お、良さそうな土地発見。どうしようか迷っていたら、他の人に買われちゃった!涙
5月  ここに住みたい!ローンの仮審査を依頼。え?審査には建築費用の見積も必要なの?慌てて、建築会社を探して、とりあえずの見積を提出。
7月  土地の引き渡し完了。見積りした建築会社に連絡すると「その土地は造成工事が必要なので、まずは申請を出して、着工はなります」そんなぁ!
10月  着工
翌年3月 ようやく建物の引き渡し。

あぁ~Aさんも年末引越しを目指してたのに、引渡しが3か月も遅れちゃった( ;∀;)!!
なにが悪かったんだろう?

 

ちょっと工夫するだけで変わる
まず、Aさんの失敗がどこにあったのか、ひとつずつ検証していきましょう。

その1 土地がなかなか決められなかった原因は?

それは、土地探しからスタートしたからです。
え!?どういうこと?
土地探しの前に3つのポイントを定める必要があります。金額と探す期間とエリアです。(詳しくは別のブログで紹介)それが定まっていれば、Aさんのように、もっといい土地がでてくるかも・・と言って買い逃す失敗やムダな夢を膨らませて土地に目移りして迷う時間をかけずに済みます。まず第一は、資金計画をしましょう

その2 建築会社を決めていなかった

Aさんは、土地の購入を決めた後に建築会社探し始めたため、期間が延びてしまいました。事前に建築会社を選んでおけば、その時間はかけずに済みますし、土地の購入前に、建築会社にその土地に理想の家が建てられるかどうか、敷地調査をしてもらうことができます。法令上の制限で想像より小さな家しか建てられなかったり、地盤改良や造成工事が必要で追加費用が発生したり、といった事態を避けることができるので、必ず見てもらいましょう!
建築会社選びは土地探しの前または、同時に行いましょう。

その3 土地契約から引渡しまで時間がかかることを知らなかった

土地は、買います!と表明(買付証明)しても、その場で手に入るわけではありません。少なくとも1か月はかかります。Aさんは、土地契約のために必要な書類があることを知らなかったため、、その書類を揃えるのに時間がかかってしまいました。事前に用意すべきものを把握しておき、準備しておけば最短期間で土地を手に入れることができたでしょう。

そっかぁ。知っていたら期間を短縮できる工程も多いってことか。なにをやるべきか知る必要があるんだね。
じゃあ、おすすめの家づくりスケジュールを教えて!

来年12月に引っ越す!スケジュールをたててみた
例えば宮下では、次のように進めます。

★★家づくりスケジュール★★
1月  資金計画
土地探し
4月  買付証明、住宅ローン仮審査、建物予算を提出
5月  重要事項説明を受ける
土地の売買契約(不動産会社と)
ローン本申込
建物のプランニング・設計契約
6月  土地引渡し
設計の見積を受ける
7月  建築の請負契約(建築会社と)
建築確認申請
解体など付帯工事
地鎮祭
8月  着工
9月  上棟
12月 引渡し

年始から初めてもけっこうギリギリだね?
「土地探し4か月を2か月に短縮して取り組むこともできますよ。」
そうなんだ。
ん~それにしても、やることいっぱい!

自分だけで進める自信ない
これをタイミングよく、漏れなく自分で書類を準備して、逆算して・・
む、むりじゃない?!どうしよう( ;∀;)

二人三脚で効率よく進む!家づくり
家づくりは、土地契約や住宅ローン、建物の設計を同時並行で行う必要があります。ローンの手続きに建築会社からの見積が必要だったりと、知らずに動くと1ステップごとに時間がかかってしまいがち。信頼できるプロにアドバイスをもらいながら進めると計画がスムーズに運びます。
家づくりの仕組みがよくわかっていて、親身になってくれる人が一緒になって進めてくれたら安心ですね。家づくり経験のある知人に話を聞くのもいいですが、お金の詳細などは聞きづらいものです(例:年収)。ご家庭によって、土地や住宅ローン選び方、プランニングにかける時間など様々です。参考にする程度ならよくても、あなたに合わせた最適な家づくりに適切に助言してくれるプロを一人見つけて相談するのがおすすめです。
ほんとそう。さっそく探さなきゃ!

でも、アドバイザーになかなか出会えない
ネットで探してみたけど、住宅ローンだけのスケジュール解説はあるけど、土地購入と家づくりと・・っって網羅したスケジュールは見つけられない。それに、サイトによって、順番がが前後してたりするよ~??不動産屋さんや銀行を数社あたったけど、それぞれ言うことが違うし・・一体どれが正しい情報なの!?!?

ぜんぶ宮下がお手伝いします
家づくりには、不動産会社や銀行、建築と、様々な専門分野が関わります。そして、当然のことながらそれらすべてに精通している方はなかなかいません。
宮下では、工務店でありながら、資金計画を得意とし、不動産業や設計も行いますのでトータルしてご相談いただくことが可能です。
ちなみに、不動産会社は土地を売るのが目的です。売ってしまえば後は関わりがなくなる立場の不動産会社は必ずしもあなたの味方とはいえません。建築会社は、建てる時も建てた後もお客様との関係が続きます。建築会社が唯一の味方ともいえます。あなたが選ぶ味方が宮下であれば、全力でお手伝いします。

来年の年末は新築の家で過ごそう
ぼんやり夢を描くばかりだった新築へのステップが見えてきたぞ!来年は家族で幸せであったかい年末を過ごしちゃうぞ!がんばろー!

最後までお読みいただきありがとうございました!
土地選びの前にすることがある!?土地決定が超効率よく進む!こちらのブログも合わせてお読みください。

↓↓

▶ ブログ:土地探しと資金計画
 

木の家をみにいこう! 2020年12月19-24日見学会やりまーす!


↓↓↓

木の家づくりをはじめよう

木の家づくりの専門家に相談ができます。
お困りの事ありませんか?

・土地探し
・資金計画
・ライフプラン
・木の家のプランづくり
・実際の木の家の暮らしを見学
・製材所で兵庫県産木材ができるところを見学

等など、
家づくりのお困り事を解決しています。
家づくりの第一歩を始めましょう!オンライン相談も受付中!

▶家づくり相談に参加する


株式会社宮下
佐藤

PAGE TOP