木の家建築はじまるよ!縄張り編

こんにちは、本日はスタッフブログをお送りします。

解体が終わって整地された建築予定地。
こちらに「縄張り」をします。

縄張りとは?
住宅の建築工事の最初に行うもので、敷地内における建物の配置を示していく作業です。
図面を確認しながら、ビニール紐で輪郭を地面に張り、建物の配置を示していきます。

完成~

この紐の位置に建物が建ちあがってきます✨
宮下では地鎮祭の際に施主様に説明し、イメージのご確認を行っています。

ここに家が建つのかーー!

というわくわく!きっとお施主様も心躍るだろうな♪ と楽しみにしながら作業しました。
次回は、神主様による地鎮祭の様子をお伝えします。お楽しみに♪

↓↓

▶ 木の家分譲地を見に行く
 

木の家分譲地情報はこちら↓↓

↓↓

木の家づくりをはじめよう

木の家づくりの専門家に相談ができます。
お困りの事ありませんか?

・土地探し
・資金計画
・ライフプラン
・木の家のプランづくり
・実際の木の家の暮らしを見学
・製材所で兵庫県産木材ができるところを見学

等など、
家づくりのお困り事を解決しています。
家づくりの第一歩を始めましょう!オンライン相談も受付中!

▶家づくり相談に参加する


 

 


●ミヤシタの木の家

各種SNSでも情報発信しています。レビューやコメントお待ちしています!
LINE@はお問い合わせにもご利用ください。

Facebook Instagram LINE@ Houzz Pinterest YouTube

【公式ブログも更新中】https://miyashita-lww.jp/category/blog/

株式会社宮下
広報 佐藤

PAGE TOP