製材から乾燥・製品加工・住宅建設まで一貫してプロデュース

株式会社宮下
設計士のブログ

ビジネスエリア

神戸市

神戸市北区を中心に営業しています。他、神戸市全域、西宮市、兵庫県北播磨(加東市・小野市・三木市・西脇市・加西市・多可町)など、その他の地域につきましてもご遠慮なくお問い合わせください。

(株)ミヤシタは、製材工場直結の住宅会社です。

親会社である(株)宮下木材が、「木の家」に使われる木材を供給します。

 

(株)宮下木材では、桁や梁などの大きな構造材から、床や天井の仕上げ材、窓枠や和室の材料まで、丸太一本一本から吟味しながら、加工生産しています。 大量生産ではない、多品種少生産で、長年に渡り「木」を見続けて来た職人集団によって材料はつくられてます。
森林製材木板和

 

わたしたちは、木の良さ、扱いにくさを知っています。

丸太材乾燥木は、山の木を伐採し、丸太材を山から下ろし、製材し、乾燥させ、仕上げの工程を経て初めて建築用材となります。このためには大変な時間と労力がかかります。

この時間と労力を惜しみ、多くの住宅メーカーでは今「構造用集成材・合板・新建材」が使用されています。 もちろん含水率や強度が安定していること、供給が安定していること、価格が安定していること、これらは住宅メーカーにとっては重要な要素です。 今、この点だけに注目し、まさに、電化製品を買うような便利さで、建築用材を購入していることがほとんどです。

それに比べ、ムクの木は、扱いに苦労させられます。仕入れも、製材も、乾燥も、販売にも専門の知識がないと扱うことができません。

(株)宮下木材は、「国産の木」を建築用材としてお届けする仕組みを持っています。

長年、木材の供給に携わってきた(株)宮下木材は、自信を持って「木」をお届けしています。

製材の段階では、製品になった時のこと、どこに使われるかを想定して作業をしなければなりません。乾燥の段階では、部材ごとに注意深く並べ、時には並べ替え、所期の含水率になるまで乾燥させます。材に応じて、自然乾燥をする場合や低温乾燥機で乾燥する場合があります。

乾燥の段階で、ねじれたり、割れたり、反ったりする場合もあります。構造用の材料して利用できない材料は、別の用途に使用し無駄なく大切に木を使っています。

製材中製材作業

(株)宮下木材と連携し、(株)ミヤシタでは「こだわりの木」を使用した家を建てています。

(株)宮下木材で大切に丁寧に扱った「木材」を活かした「木のいえ」づくり。だからこそ、出来上がったその建物にも、たくさんのこだわりがあり、たくさんの喜びが感じられるのです。

わたしたちは、「製材から乾燥・製品加工・住宅建設まで一貫してプロデュース」できることを誇りに、こだわりの家を建てたい方、ひとりでも多くの方と共に、喜んでいただけるような家づくりをしたいと考えています。

木造住宅 施行例